アラサー女子がahamo乗り換えでつまずいたポイントのまとめ

60歳の母はずっとdocomoユーザーですが、「ahamoに乗り換えたいから手伝って」という要望があり、手続きを代行しました。

母がahamoに乗り換える理由

まず、ahamoとは・・・

  • プランはた1つだけ
  • 月額2,970円(税込)でデータ容量20GB
  • 国内通話5分無料
  • 時間帯による速度制限もなし
  • 受付はオンライン※窓口でサポートを受ける場合は3,300円(税込)がかかる

という、とてもお得だけど、サポートが少ない若者向けのサービスです。

母は携帯をガンガン使うわけではありませんが、家のWi-Fiが勝手に外れてしまうことがあるらしく、よく速度制限になっています。

私は前から「UQやLINE モバイルとかの格安スマホにしたら?」と聞いていたのですが、「田舎に電波が入るかわからない」という理由で、気が進まないようでした。

この度、ようやくdocomoからこのような格安プランが出たため、乗り換える気になったようです。

アラサー女子がつまずいたポイント(docomoユーザー→ahamo)

それなりに手続きに慣れているアラサーでも手こずったポイントを紹介します。

dアカウント発行

元々母はdアカウントを持っていましたが、情報の不足があったようで、少し修正が必要でした。

何も知らずにahamoページで申し込んだら、dアカウントのログイン画面が出て、ログインしてもさらに修正が必要だったので、出鼻をくじかれた気がしました。

また、私のパソコンで手続きしたため、母の携帯電話あてにショートメッセージで「スマホ認証」が来たりと、慣れていない人には少し大変かな?と感じました。

(契約者である母のスマホで行えば、スマホ認証は来ないようですが、携帯だとイライラしそうだと思ってパソコンで行いました)

スマホの種類を選んだ後が大変だった

その後、スマホの機種を選ぶ画面になり、色・容量などを選んで「申し込む」と押したら・・・

現在のご契約状態ではahamoへのプラン変更ができません。

というメッセージが。

「なんで???だったら先に言って????」とプチパニック。笑

よく読むと、下に理由が書いてありましたが、割と小さい文字で、気がつくまでに時間がかかりました。

事前に申込・変更・廃止が必要なサービスがある

よく見ると、「eビリングに申し込む」「契約更新の予約の取り消しをしてください」のようなことが書いてあります(表現は正確ではありません)。

「eビリングって何???」と思い、調べてみると

月々のご利用料金を、「口座振替のご案内」・「ご利用料金のご案内」の郵送に代えて、スマートフォン・ドコモ ケータイ(spモード、iモード)・パソコンなどから「ご利用料金の確認サイト」でご確認いただくサービスです。

https://www.nttdocomo.co.jp/support/ebilling/

ということですが、事前に申込・変更・廃止が必要なサービス一覧には日常生活で使わない用語が他にもいくつかありました。

ここで引っかかる理由は人によりますが、契約の内容を調べるのも一苦労でした。

でも、なんとか完了。

アラサー女子の所要時間

母の代行をした私がそもそもdocomoユーザーではなく、docomoのシステムに不慣れなこともあると思いますが、

夢中で手続きして約1時間かかりました。

※「Dアカウント発行・修正」、「事前に申込・変更・廃止が必要なサービス」さえなければ、手続きそのものは10分くらいで終わります!

1時間で済んだと言えばそうですが、私は「docomo→LINEモバイル→楽天モバイル」に自力で乗り換えたことがあるので、もっとすんなりできると思っていました(首都圏などで楽天の電波が届く方は、対応端末がahamoよりも豊富な楽天モバイルがおすすめです♪)。

もちろん、他社に乗り換える際に必要なMNP転出の手続きがない点は楽でした。

ただ、ネットに不慣れな、ある程度の年齢の人が自力て手続きするのは、少し大変かもしれません。

私は結構イライラしてしまったので、docomoの3,300円のサポートを受けるのもストレスが減るなら悪くないかもしれないです。

全体的にdocomoへのネガティブな感想になってしまいましたが、毎月かかる利用料はかなりお得です!!

手続きさえ乗り越えれば、とてもお得なサービスなので、参考にしてもらえれば幸いです。

error: Content is protected !!